↓Menu  RSS  All archives
::: *Mutter :::

よるくま「ママ、あのね」

よるくま

ムスメが大好きな絵本。


 「よるくま」



ぎゅってしたり、泣いたり、一緒にママを探したりと身近な内容が功を奏して
ムスメがストーリーのある絵本に目覚めた最初の本が「よるくま」。


「よるくま よんでー」と絵本を持ってきて膝に座り
読み進めていくと「ママがいないの?なかないで」「よかったねーおやすみ」と
ムスメも一緒になって絵本のストーリーに参加。

最近はひとりで台詞を言うように読んでいます。

よるくま

カメラに気付いて「とってー」とふざけるムスメ。



 「かわいいてんとうむし」

 こちらは数の概念を知るのにいいかなと。

「よるくま」絵本の最初は「ママ、あのね」から始まります。

真似しているのかムスメがワタシに話しかけてくるとき、
時々「ママ、あのね」と呼びかけられます。
何とも可愛くて、大好きなフレーズで、嬉しくなります。

ムスメは「今日は何して遊んだ?」みたいに漠然としていたり
正解がいくつもあるような質問に答えるのはちょっと難しいんだけど
「○○ちゃんと遊んだ?」「パズルで?ブロックで?」と答えの幅が狭いと大丈夫。

そのうちワタシのいない園での生活を、自ら教えてくれるようになりました。

「おにはそと したんだよ」
「まめを ころころぎゅっぎゅってして つくったよ」
「おにを やっつけたんだよ」
節分「ムスメちゃんはあか ○○くんはあお」
「いっしょに ぽいって なげたんだよ」
「おにさん えーんって ないてたの」

その日貰ったお土産の「まめ」。
ちゃんと合ってるよね。

「たのしかった」
よかったね。


子育てスタイルに参加しています にほんブログ村幼児育児


お絵描きの記録*どんどんぬるほん

おえかき中。

夢泉景別荘「天原」


昼間は淡路島を観光し、しばらく遊んでから旅館に行くつもりだったので
予定変更になりムスメが退屈しないようにとお絵描きセットを持参しました。




「どんどんぬるほん」

絵本のような塗り絵です。
ムスメとゆっくり話しながら少しずつ書いていきたいと思っていたので
3歳になってからプレゼントするつもりだったのですが、こちらも予定変更。

La Zooどんどんぬるほん

「あ、てんとうむしさんだ」と言って、縞のような模様を描いたムスメ。
ドリルの問題を解くように、ちゃちゃちゃっと書いてはページを進めていました。
適当過ぎる...

「アンパンマンかいてー」と何度も頼まれ、
素敵なイラストの片隅にワタシの書いたアンパンマンファミリーがいっぱい...


まだやっぱりちょっと早かったかな。
でも楽しそうに塗っていて、これだけで時間を潰せていたようです。
ページ数もたっぷりなので、今後もムスメが書き足していくのが楽しみです。

夢泉景別荘「天原」


奥の布団がこんもりしているのは、来た早々にオットが横になっているから...
オットは結局、温泉に入っていません...





ムスメのお絵描きの記録です。

おえかき ぬりえ



2歳5ヶ月*「それなーに?」と聞くと「どんぐりころころでーす」と見せてくれたムスメ。
2歳6ヶ月*いつの間にか塗り絵っぽくなってきてました。
2歳7ヶ月*なんとなく顔に見えるようになってきました。


以前は適当に書いて後からそれっぽく見えるものに命名していた様子でしたが
今は書きたいものがあって、それを目指しているようにも見えます。
「かけないよぉ」とグズグズする時もあるので...


ちょっとした落書きも大事な記録に思えて、写真に撮って残しています。

子育てスタイルに参加しています にほんブログ村幼児育児


絵本こどもずかん と 紙芝居

こどもずかん

こどもずかん 学習研究社



相変わらず絵本を眺めるのは大好きなんですが...

お気に入り絵本こどもずかん
最近はこうして立てて眺めるのがブーム。

ページが薄かったり
サイズが大き過ぎたり
上手に立てられない本はキライなの。


奥の絵本はごぶごぶごぼごぼ
ところどころ穴が開いているこの本もスキ。


お友達みんなが絶賛していたので、乗っかって買った学研こどもずかん

ムスメはまだ、本の厚みとサイズが気に入っているだけな雰囲気。
それでも時々は指をさして「あっ」とか「うっ」とか言っております。

図鑑というだけあって、イラストに並んで物の名前が記されています。
英語のスペルと発音も一緒に載っているのですが...

こどもずかん英語スペル発音

これがネイティブ発音で衝撃的☆

たまねぎはニャン、じゃがいもはパード...
しばらくは親の方が頑張ってこちらを覚えなきゃ☆

発音が確認できます。 ⇒ こどもずかん おとのページ


でもオニオン、ポテトという和製英語も覚えないと不便だよね。
覚えることが増えて大変だなー...


カヨ子おばあちゃんは覚えることが増えるから、
犬のことを「ワンワン」と赤ちゃん言葉で教えるのはダメって確か言っていたはず...
でも「ワンワン犬ドッグ」とひとまとめにして教えるのはOKらしい。


0さい~4さいこどもずかん英語つきよしだじゅんこ学研マーケティング

ムスメが初めて話すコトバって何だろうな。
まずは第一声を待っています。



図書館で紙芝居を見つけました。

すごく絵が可愛い。
こんな絵が描きたいなー。ムスメにも描いてもらいたいなー。

ちょうど画用紙の大きさぐらいだったこともあり、
そんな風に思いながら借りてみました。

紙芝居紙芝居

ムスメはあんまり興味を示してくれなくて。
膝の上に押さえつけて座らせて読む絵本より、さらに虚しい空気が...

子育てスタイルに参加しています にほんブログ村幼児育児


寝かしつけ と 小さな絵本

お昼寝前のゴロゴロタイム。


好きな場所で好きなように、気づいたら眠りについていたことも多かったけれど
最近少し甘えっこのため、ひとりでは寝ません。

トコトコやってきて服を引っ張り誘います。

いないいないばあの絵本と。




ベッドの上で、ふたりで少し遊んでTVを見たり本を読んだり。
ただ横にいてもらいたいだけなんだろうと思って
ワタシも一緒になってゴロゴロ~

なんだか動きが止まった?と顔を覗くと夢の中へ。



遊んでいるうちにいつの間にか2時間もたってて
急遽お昼ごはんを先に食べることになったりもしますが...
でも、グズったりしないのでとても楽。

夜はとてもこうはいかなくて...
ワタシかオットのどちらか、あるいはふたりともが犠牲になり、
ムスメと共に落ちてしまいます...


ムスメの寝る前のサイン。


寝かしつけ


寝かしつけ


寝かしつけ



タオル地のシーツをザーリザーリ。

赤ちゃんの頃からまるーく円を描くように触りながら寝ます。

ムスメが気持ちよくザリザリして落ち着けるように
いつも障害物を取り除いたりシーツをピンと張るようにしてます。

ムスメもモソモソ移動しながらいちばん気持ちのいい場所を探しています。




ワタシは大きくて絵がキレイな絵本が好きで、
ついついそういう絵本をムスメに買ってしまいます。

でもムスメがよく手にしているのは、軽くて小さくページがめくりやすい絵本。
よく考えれば当然...

かなり前の話ですが...3月に子育て支援で読み聞かせの会があり
ひとり一冊絵本をプレゼントしてくれるというので参加しました。


参加の前にお知らせが届いて、こう記載がありました。

プレゼントする絵本は下記の中から1冊です。

1、がたん 2、じゃあ 3、おつき 4、たまご 5、いない 6、くだもの


きっと1歳前後の子を持つ母親なら、ほとんどわかると思うのよ。
でもここを端折る必要あるのー?と可笑しく思いました。



がたんごとん じゃあじゃあびりびり おつきさまこんばんは たまごのあかちゃんいないいないばあくだもの (福音館の幼児絵本)



ムスメが自ら選んだのは「じゃあじゃあびりびり


じゃあじゃあびりびりじゃあじゃあびりびり

絵本をパラパラめくるところを撮ろうとしたら
覚えたてのパチパチ☆を披露してくれた1歳1ヶ月のムスメ。丸い。


この後、ムスメは絵本をむしって食べるようになりました。
カラフルで厚みがあるこの本も、美味しそうにかじり、現在は跡形もありません。

子育てスタイルに参加しています にほんブログ村幼児育児


ムスメの絵本と、ハハの育児雑誌。

少し前のことですが、
友達が泊まりに来てくれた時に、ムスメに絵本を読んでくれました。

小学校で読み聞かせのボランティアをしている友達はさすがに上手!
抑揚をつけて文章を読み、ムスメの様子を見ながらゆっくりページをめくる。

ちゃんと読み終わるまでじっと聞いて、絵本を見ていたムスメ。
読み終わってから手を出し、自分から絵本をめくっていました。

すっかり触発されて、少しずつ絵本を買ってはムスメに読んでみせています。

...


それからもう2ヶ月。
けっこう頑張っているんですけど。

ムスメはワタシが読む絵本をすぐ奪います。
とにかく触ったりめくったりする動作が楽しいみたい。
断固として渡さないでいると、別の絵本を手に取り遊び始めます。

友達が読んでくれた時のようにはうまくはいきません...


初めて絵本ぷれいぶっく

やっぱりいちばんスキなのはやっぱりぷれいぶっく
もうボロボロ...でもムスメのお気に入りなのでセロテープで補修しています。

9883_20100308021143.jpg 9882_20100308021143.jpg 9880_20100308021143.jpg

ツイスター状態で体ごと遊んでいます。
これを絵本と呼ぶのはなんだか申し訳ない気がします...



ワタシは育児本のような真面目(?)な本は持っていないのですが
たくさんの赤ちゃんやママが載っている育児雑誌は大好き。

「子供部屋の収納どうしてる?」「ママバッグの中身見せて!」
なんて記事も細かいところが参考になって楽しい。

なかでも広告が少なくて読み物が多いAERA with Babyをよく読みます。
これは引越し先にも持っていって、もう少し楽しむつもり。


9789.jpg


先日小学館の子育て雑誌eduがモニターを募集していたので、応募。

すぐあとにeduが「小学生ママ」を対象にしていると知り、
まだまだ早過ぎる雑誌だったと残念に思っていたのですが。


実際に届いて読んでみると、新鮮な内容で読み応えもあり面白かったです。
eduもAERA同様に広告が少なく、活字が多い雑誌でした。


ハサミの持ち方・切り方、ちりとりとホウキの使い方、ぞうきんのしぼり方。
入学準備に、文字盤目覚まし時計で数字と時間の感覚を覚える。
なんて少し身近に思える内容から、おねしょのことやTVゲームのこと。
「すべての図形は三角形から」「小数・分数これでマスター」なんて記事も。

子供の疑問に答えるコーナーでは「小沢さんって悪い人なの?」という質問。苦笑




お腹がすいたー眠いーと泣いているムスメとこんな話ができる日がくるのかと
わくわく楽しく、ちょっと寂しく感じながら読みました。




ママはテンパリスト 雑誌ではないですが、オススメ育児まんが。
 ママはテンパリスト

 出産後少し経った頃に読みましたが
 帝王切開直後じゃなくて良かったと
 心底ホッとしたほどに笑いました。

 記事にするために見ていたら3巻が出てる!
 迷わずポチりました。





Copyright © ::: *Mutter :::. All Rights Reserved. /