↓Menu  RSS  All archives
::: *Mutter :::

入院、みたび

公園

またまたムスメが入院していました。
恒例行事の気管支肺炎...早め早めに病院行って気をつけてたのに申し訳ない...


ムスメも慣れたもので、最初はワタシが抱っこしていたレントゲン撮影も
いつの間にか理解し、自分から進んで機械の前に立つようになりました。
泣いて嫌がるムスメを押さえつけていた吸入も、自分でスイッチオン。
片手に吸入器、片手でiPad操作のプロ患者です(...不憫...)。


今回はワタシが同時期にウィルス性胃腸炎だったため、
パパがつきそってくれ、その特別感にムスメはゴキゲン。
4歳幼児に多少オヤジっぽい癖がついたところはおいおい修正するとして...


咳が出ること以外は、不便だけど基本元気に過ごせた入院生活でした。

公園

退院後、最初の外遊び。
小さな赤ちゃんもいたので、公園内の公民館を借りる手続きをしてくれました。
おかげで休憩はさみつつ、ゆっくり遊ぶことができました。
胃腸炎で5kgも痩せてしまったヘロヘロのワタシにもありがたかった...

公園遊び

お友達の弟くんのお世話をしたがるムスメ。
小さな子に目線を合わせて(低すぎるけど...)お話を聞いてあげるムスメ。
あいかわらず小さな子をかまってお姉さんになるのがスキです。

公園の遊具



iPhone
去年末に買ってから毎日パパとムスメが取り合いしているiPad。
入院中の退屈しのぎにも大活躍。

ワタシも今年になってやっと機種変。
今更だけど反応早くて使いやすいです。

以前は気がついたら充電切れってぐらい携帯ほったらかして周りには迷惑をかけてばかりでしたが...手に取る回数が増えたから改善してます。...と思います。


子育てスタイルに参加しています にほんブログ村幼児育児


入院、ふたたび

入院

またムスメちゃん入院してました。

前回と同じ気管支肺炎。
熱もなくて本人はわりと元気なんだけど咳がひどくて全部吐いちゃう。

前回と違うのは初日から「おウチに帰りたい」とずっと泣いていたコト...

色んなことが分かるようになると、恐いものも嫌なことも増えてきて。
だけど、我慢しなきゃって気持ちも芽生えていて。


予防接種だって周りの子が泣いていて注射をすることが分かっていても
「あの子泣いちゃったね...○○ちゃん(幼稚園のお友達)は注射痛くないんだって」
とお姉さん目線で落ち着いたフリをしていたムスメ。
自分の番が来て、アルコール綿で拭かれた瞬間に「イヤー」と急に暴れちゃったり。

頑張っているムスメ、気持ちが手に取るようにわかるだけにとてもカワイイ。

今回の入院、最初は「ママと一緒に病院にお泊りね」と
自分に言い聞かせるように準備も手伝ってくれました。
バッグに自分で色紙とのりとハサミ...大事なものを入れて。

だけど病院に着くと、もうダメ、ずっとグズグズ。
最後は泣きながら眠りにつきました。
朝、目覚めて第一声「おウチに帰りたいんだ...」とポロリ。
ワタシが手を洗いに行こうとしただけで「淋しい~」。
「幼稚園に行きたいー」「パパと遊びたいー」...


しんどいよね...

入院
先週電車のイベントで。
まだ元気♪



逆に退院できることが決まった今日のムスメはわかりやすくゴキゲン。
「ありがとう、バイバイ」とみんなに笑顔を振りまいて帰ってきました。

部屋に戻ってもずっと歌って踊って♪

今日は久しぶりにムスメとゆっくりお風呂。
そして久しぶりに今夜は手足を伸ばして眠れます~。

子育てスタイルに参加しています にほんブログ村幼児育児
コメントやメールのお返事遅れててスミマセン。


入院

しばらくムスメが入院していました。
気管支肺炎でした。

以前から咳が酷くなることが多く、喘息の予防薬を処方されたこともあるムスメ。
今回も咳が止まらなくなり、待合でいる時から咳の酷さを先生にチェックされ、
診察室に入った途端、検査前だけど「入院」と言い渡されてしまいました。

入院中

入院中は母親のワタシもまったく身動きが取れなくなってしまうので、
オットが休みの土日を挟んでいて少し助かりました。

色々オットに荷物をお願いする時に、ムスメに質問。
「パパに何持ってきてもらおっか?」
ムスメの依頼は「アンパンマンのパズル」と「マル」。


ムスメのリクエストの「マル」ってコレ。

パパが新しく買ってくれたアンパンマンのパズル。
「このパズル、ごほっごほっ クッシュンクッシュン のコトだね」
退院してからも遊ぶ時にそんなことを言います。

ムスメは「~のコト」と言うフレーズをオールマイティに使っています。
多分これは「~の時」というニュアンスなのかな?と思われます。


入院中
咳はわりとすぐに治まりました。
明け方以外は...

ムスメは不自由な自分との戦い。
「いやだー おうちに帰りたい」と
何度も泣かれてしまいました。


入院前はゴホゴホ言いながらも
ずっとしゃべり続けていたムスメが
すっかり無口になり、看護婦さんの挨拶にも顔を背けて無視するように。

体の不調に加えて、知らない場所での不安と苛立ちでいっぱいいっぱい。

そんなムスメとふたり、シングルベッドひとつの狭い空間で過ごしました。

入院中
入院4日目。
初めて自分で食事をしてくれました。

食欲なくて膝に座らせてあーん、で
やっと2.3口食べる程度でした。


煮魚を「おいしそう」とほぐして
ごはんに乗せて「まじぇまじぇ」。
「ネコまんまやー」と嬉しそうに...

ワタシも嬉しい。

ムスメは左きき。
なのに右手用も使える!エジソンの箸ってスゴイよね。

なのに何も考えずに左手の甲に点滴の針を刺してしまいました。
退院までずっと続いた24時間点滴。
これもムスメのイライラの原因だったと思います。
迂闊でした...

現在はすっかり元気になりました。
ムスメも必要以上に強く「元気になったよ!病気はもう治った」と言い張っています。

退院したら急に気温が暖かく感じられて...春ですね。

退院翌日、終了してしまった毎日通園のお友達と集まりました。
ムスメを入れて5人、みんな左きき(一人は矯正済み)でした。
やっぱり言葉や発達に関係あるのかな...左利き。


子育てスタイルに参加しています にほんブログ村幼児育児


HOME



Copyright © ::: *Mutter :::. All Rights Reserved. /