↓Menu  RSS  All archives
::: *Mutter :::

ごっこタウン + 讃岐うどん

ごっこタウン

NEWレオマワールド
ごっこタウン




年末年始のお買い物で貰った遊園地の入園券。
それを使って遊園地内の施設「ごっこタウン」で遊んできました。

ごっこタウン

ごっこタウン

思ったよりしっかりお店やさんで充分楽しめました。
基本的に店員さんもお客さんも全部子供なので
おカネは銀行の金庫にたんまり入っていました。
幼稚園ごと?とかみんなで押しかけたらもっと楽しそう。

お店やさんのレジはすべてムスメとおそろい森のレジスター
あ、でもコンビニのレジだけはバーコード読み取ってレシートが出る本格?タイプでした。


ケーキやさんにはMILANさんの木のケーキがたくさん並んでいて
可愛かったです。


我が家とおなじままごとグッズを見かけて、おなじぐらいの年齢の子がいるママさん達が考えて選んだのかな?と嬉しくなりました。

ごっこタウン

背のびすると鼻の下も伸びるー

ドーナツ屋さんやらケーキ屋さんと可愛らしいオシゴトもあったけど
ムスメは郵便局員さんの衣装を着せてもらってずっと配達してました。。
1丁目と二丁目、一旦建物の外に出ないといけないから、たったか走ってオシゴト。

ごっこタウン

ムスメが配って回ったハガキを、回収して仕分けしてくれてた女のコと。



うどん県に住んでいながらほとんど外で食べることがないうどん。
隣県に住んでいた頃はわざわざうどんツアーで訪れたりしてたんだけど...
また転勤になる前にせっかくだからちゃんと食べとこうと、この日のお昼はうどん。

山越うどん

山越うどん

行列はなかったので待たなかったけど、建物内に席はない...外で食べました。

たまに食べるとモチっとしてるのにするんと入ってきて、
あー讃岐うどんってこんな味だったよねーと美味しく感じる。
ただ思い立つ時期も選んだ場所も悪かった...寒かったです。
かけだし(汁のことね。)はおかわり自由なんだけど、高速で冷めてた。

ごっこタウンうどん屋
ごっこタウンにあったうどん屋さん。
やっぱり?セルフうどん形式でした。


ムスメができてから、なんだかんだしょっちゅう来ている山の上の遊園地。

今回はごっこタウンだけのつもりだったけれど、ちょうど帰りに屋外ステージに遭遇。
お兄さんお姉さん、すごく寒い日だったのに薄着で笑顔で踊ってました。
ムスメ躊躇することなく一人すたすたステージに上がり、一緒に踊りに参加。

ムスメのため、と言いながらいつもワタシ自身も楽しい気持ちで帰路につきます。

レオマワールド

子育てスタイルに参加しています にほんブログ村幼児育児

いつもいつもコメントへのお返事が遅くなっていてすみません。


お友達のおウチにお泊り*夏休みの思い出

同じマンション(別棟)に住むお友達。

違う幼稚園に通っているので平日はあまり遊べなくなったけれど
仲良くしてもらっています。

木陰でお絵かき

以前は親の周りでウロウロしていたふたりが
いつの間にか親から離れた場所で
何やら会話をしつつ遊んでいることが多くなりました。


何話してるんだろうね
兄弟姉妹がいたらあーやってずっと何か話してるのかな


そんな話をしているうちに、お友達のおウチにお泊まりする計画ができました。

もともとムスメは0歳児の頃から、ひとりでばぁばのおウチにお泊りできていたので
その点は特に問題はなかったけれど急な病気や怪我があったら大変。
でも同じマンションならいつでも駆けつけられるということで、お願いすることに。

プリキュアお絵かき
お泊り当日、メール連絡が来たのはそろそろ日付が変わる頃。
「二人ともやっと寝た」と。

楽しくて楽しくて仕方なかったみたい。

翌朝もちっとも戻ってこないわけですよ...

迎えに行ったワタシに「ママひとりで帰ってよぉ」と泣き出したムスメ。

そ、そんなに?笑


手土産に持っていったカラーワンダーってぬりえ。
付属の紙以外、手や服につかないペンがついていて安心。
絵柄はプリキュアよ。


家族で遊びに行くと、それはそれで楽しそうなんだけど、小さな子供たちの輪にも入りたそうにするムスメ。
以前はお構いなしに話しかけたり、とりあえず近くにあるものを「どうぞ」と貢いで仲間に入れてもらったりと頑張っていましたが、だんだんと相手の反応を気にするようになり、恥ずかしさもあってか遠巻きに見ていることが多くなりました。

こういう時、きょうだいがいたらいいなっていつも思うんです。
絶対的な味方がいつも近くにいるってすごいコトだなって。

レオマウォーターランド

そんな会話から一緒に遊園地におでかけ。

ただ山にあるこの遊園地...
「あっちの空、嫌な感じの雲がある」と心配しながら出かけたら
想像を超える急激な天気の悪さ☆プールに入って10分でカミナリを伴う大雨でした。


レオマワールド
天気を理由に諦めないといけないことが多かったせいで、この日はふたりケンカばかり。


傘をどっちが持つかでモメる。
観覧車の中でお互いぐいぐい場所取り。

さすがに雨の中揺れると恐いし。
景色だってほぼ見えませんよ。


でも家に着いてお別れの時には泣く。

そしてこういう時って、片方が「もっと遊びたい」と泣くと
片方が「また今度遊ぼうよ」って慰める役に回ってくれたりする。

ひとりっ子同士のふたり、貴重な体験と大事な思い出ができたね。

子育てスタイルに参加しています にほんブログ村幼児育児


レオマワールドのプール*ウォーターランド

新しくできたばかりのレオマワールドのプールに行ってきました。

レオマワールドプール

レオマウォーターランド


わざわざ水が落ちてくる場所を選んで歩くムスメ。

幼稚園入園前にはできなかった「自分で顔を洗う」コト。
ちょこっとシャワーがかかっても嫌な顔をしていたのに。

この夏、たくさん水と触れ合って、無事にできるようになりました。

洗顔
アワアワもデビュー。


レオマウォーターランド

キッズゾーンが充実していました。
ムスメ、大喜び。

レオマウォーターランド

監視員の方もたくさんいて安心、嬉しい。

左の写真、バケツから水が落ちる仕掛けを狙っていたら、するりとインされてしまいまして...トリミングなしでド真ん中です。

レオマウォーターランド

「泳げるようになったー」と水深20cmのプールでワニさん歩き。

レオマウォーターランド

プール自体は広過ぎずちょうどいい大きさ。
まだ新しい遊具が揃っているし、子供はとても楽しい場所だと思います。

でもパラソル席が予約で埋まっていたため、常時タオルをかぶって過ごしました。
有料のパラソル席以外に影になる部分がないのはキツかったな...



今年はラッシュガード素材のトレンカ、買いました。
本当は顔にもタオルをぐるぐる巻きたいぐらい...
自分が完全ガードなので、無防備な若者を見ると痛そう?で心配でドキドキするように
なってしまいました。



足ブラ観覧車

帰りに遊園地ゾーンで足ブラ観覧車に乗ったパパとムスメ。

最近ずっとパパと仲良しなんですよ。
3人で出かける時も「パパの横がいい」と助手席に乗りたがります。

ミクニファンキッズ

去年、車の買い替えで急遽必要になって買ったチャイルドシートが「ミクニ ファンキッズ」。
現在は助手席専用。軽いので今ではムスメが自分でセットします。
持ち運び簡単なジュニアシートにしては安定しそうでオススメだったんですが廃盤なんですね。


NEWレオマワールド
らぶらぶ。

子育てスタイルに参加しています にほんブログ村幼児育児

9月以降平日限定ですが、\ポンパレ/で1000円クーポンが出ていました。
レオマのプール、けっこうお値段が高いので定価だとひと夏1回でいいかな?って感じなんだけど、1000円なら安いです。またちょこっと行ってこようと思います。


遠足*お弁当持って遊園地へ

レオマワールド


園のお友達と秋の遠足に。
行先は遊園地。


遠足のたびに頭を悩ますお弁当作り。(普段は給食です。)

何でも食べていたムスメも、2歳になったぐらいから好き嫌いが出てきました。
最近さらに「絶対食べない」という頑固な部分も現れ始め
家でもどうやって野菜をたべさせようかと試行錯誤しています。
「あ、ニンジンごめんね」と言いながら、
ハンバーグの中からニンジンを抜かれた時には脱力しました...


2歳児のお弁当


料理の上手い方がどんなに可愛いくて美味しそうなお弁当を作るのか
ワタシもブログや雑誌で見て知っています...なので小さめ画像で...
可愛いバランやピックの使い方すら分からず、キャラ弁には程遠いです。



ムスメのお弁当箱は、今のところアンパンマンのデザートケースを使ってます。
器が小さくて持って食べられるサイズで、量的にもちょうど良さそうです。

1度ムスメ用のスプーン&フォークを忘れてしまった時には
ワタシのお弁当箱についていたお箸を使って食べていました。
お箸もずいぶん上手に使えるようになりました。
でも細かい作業はまだ無理なので...かき揚げから人参と玉葱だけを抜いたり
天ぷらの衣だけ剥いで食べたりするのは全部「手」です...はぁ...

レオマワールド


2歳になったばかりの頃にも遊びに来たnewレオマワールド

まだ乗り物には乗れず、静かに室内で遊び、
パレードが始まると楽しそうにはしゃいで、ずっと手を振っていました。
平日で空いていたこともあり、キャストの皆さんにも遊んでもらって感謝です。

今回は遠足なので団体行動。
先生が考えてくれたコースで、
可能なアトラクションにはどんどん参加することに。

小さなジェットコースターでは加速にびっくり。
室内のアトラクションでは暗さに怖がって顔を上げられず。
上の写真のメリーゴーランドにふたりで乗った時には
余裕の笑顔で知らない人にも手を振っていました。


ムスメの色々な表情が見られたのも嬉しかったです。
そして半年の間でずいぶん楽しめる場所になったなーとしみじみ。

newレオマワールドハロウィンパレード
今回はハロウィンバージョンのパレードでした。

最近ムスメが「おわけ(おばけ)だぞー」と
周りを怖がらせようとしてきます。
タオルや紙(?)を頭に乗せて、
ニヤニヤ嬉しそうに追いかけてきます。


ハロウィンの飾り付けを見ても
「かぼちゃのおわけ、こわいこわい」
とか台詞棒読みで抱きついてきたり。
全然怖くなさそうなんですけど。



ただ、飛び上がって逃げるワタシの姿を見ている
クモやセミ(抜け殻)、ハチなどはムスメも本気で怖がっているみたい。
見つけると、コケそうになりながら必死の形相で逃げてくるので。笑
絵本やカードのイラストでも怖がって、引き出しに隠したり、タオルで覆ったり。
それはちょっと楽しんで「怖いごっこ」をしている節がありますが...


おかげで何でも掴んでいたムスメが、むやみに虫とかに触らなくなって助かります。
自然がいっぱいのウチの周りには、色んな虫さんがウヨウヨいるのですよ...



子育てスタイルに参加しています にほんブログ村幼児育児


HOME



Copyright © ::: *Mutter :::. All Rights Reserved. /