↓Menu  RSS  All archives
::: *Mutter :::

トイレトレーニング*停滞期

思ったより快調に滑り出したトイレトレーニング。
オムツ取れちゃうのも時間の問題だと、外出時のトイレマップや着替えの心配を
ウキウキと始めた頃、トイレに行くのを嫌がるようになりました。

みんなと一緒なコト、褒められるコトが嬉しかっただけ。
すっかり飽きてしまったようです。

あっという間でした...ホントに。
それからは誘っても聞こえないふりしたり、大げさに溜息をついたり...

左利きエジソン箸練習中

ムスメ2歳半

トイレに寄りつかなくなってしまったので、おまるはリビングに移動。
そう、すぐにできるように...
ムスメは夏の間、家ではノーパンスタイルで過ごしました。
さすがにノーパン状態だと緊張するのか失敗はなかったです。
すたたたたーとオシリ丸出しで走る姿がかなり可愛かった。
療育の先生には「トイレという場所でないと...」といい顔はされませんでしたが...



少し涼しくなると足もとにレッグウォーマーをプラスして。

ベビーレッグウォーマー

レッグウォーマー


ムスメがまだお腹にいる頃から、少しずつ買ってたレッグウォーマー。
赤ちゃん=レッグウォーマーって思っていて福袋的な商品を大量買いしたり、
送料対策でついついポチっとしてしまったりで明らかに増やし過ぎてしまいました。

ハイハイ時期やヨチヨチ歩きの赤ちゃんの膝を守るつもりだったけど
ムスメはムチムチで、レッグウォーマーはキツキツ。結局未開封のものも...

脱ぎ履きしやすいようにと、今はくるぶし丈のスニーカーソックスばかり履いているムスメ。
秋になったらレッグウォーマーを足してハイソックスに...変?




でも外出時や就寝中はオムツガール。
オムツをしている間は相変わらずどんなにモコモコになっても平気。


昼間過ごす園ではパンツに履き替えていたけれど、
たった3時間の滞在中に失敗パンツのお土産がずっしり。
申し訳なくて...


言葉が出るようになると「トイレ行きたくない」「(感覚は)わからないもん」と
はっきり拒否されることが増えてきて、こちらもモチベーションが維持できず。
涼しくなるとともに家でもオムツを履かせる時間が長くなりました。

幼稚園入園までに~と思っていたはずなのに、出口が見えなくて焦りと諦めが交錯。
面接の段階で「春までに無理かもしれません。すみません」と先に謝っちゃいました。


トイレトレーニング
ルールを徹底することが難しそうなので、お菓子やシールをご褒美にしたことはありませんが、成功したらとにかく褒めちぎるようにしました。
家にパパが居れば、トイレまで呼んで一緒に拍手喝采。

だから外でできた時なんかは「トイレ上手にできたよー」と見知らぬ人にまで聞こえるように言い、鼻息を荒くしてました。
ムスメだって成功すれば嬉しいんですよね。

ムスメ2歳7ヶ月

急ブレーキで失速し、ノロノロスピードのトイトレになってしまいましたが
それでも少しずつ教えてくれる回数(事後報告含)は増えました。。
ゆっくりだけど確実に前に進んでいるようだし、「いずれは取れる」し。
こんな感じでいいかなと思い始めるようになりました。


あの日までは...

子育てスタイルに参加しています にほんブログ村幼児育児


トイレトレーニング おまる購入
トイレトレーニング 初期
トイレトレーニング 停滞期
トイレトレーニング 強化期
トイレトレーニング 完了期


トイレトレーニング*初期

そろそろ完了?
ムスメのトイレトレーニングの記録です。

3歳4ヶ月

ムスメ2歳4ヶ月




今から1年前、去年通っていた園のススメで開始しました。
園生活にも慣れたし、夏の間にオムツ外れるといいね、って話しながら。


まだムスメは、オムツが汚れたって何の反応もしない状態で
トイレトレーニングなんてまだまだ遠い先の話のように感じていました。

ただお友達の行動には興味津々で、真似をしたがるところがあり、
お友達のトイレについて行っては先生と一緒に「がーばれー」「じょうず~」と
盛り上げ役をやっていたそうです。
もちろん自分はオムツを履いたままで...

その頃のムスメの写真を見てみると


自分で自分で時期


自分でやりたい&褒められたいという気持ちが芽生えた時期で、
いつもワタシの先回りをしては得意そうな顔でお手伝いをしてくれていました。

現在、暗証番号を入力してロック解除ができるし、重いドアも開けられます。
子供って1年でホントに成長するんだね。


なのでお友達と同じようにトイレに行くんだとウキウキな様子。
感覚をつかめるようになると、日に何度もトイレに行きたがり
ひねり出した1・2滴を自慢げに見せてくれたりしました。


拍子抜けするぐらいにスムーズなスタート。
2歳の時点で集団生活を経験できていたことに感謝です。
言葉が遅かったムスメが目で見て理解して始めることができたんですから。

家のトイレトレーニングは、トイレの中におまるをセッティングして開始。
おまるは以前買ったリッチェルのポッティスです。
「ひとりで」の気持ちが強いからか、個室にはいつもひとりで。
ワタシ達は追い出され、中からしっかり施錠までされました。

携帯折りたたみ補助便座
トイレが楽しい時期はしばらく続き、外出先でもトイレのマークを見つけると「トイレだ!行くー!」と直ぐに反応。

公衆トイレでも個室にひとりで入りたがるので苦肉の策で買った折りたたみ便座

なのに...

通販で注文したこの商品が届く前に停滞期に入ってしまったのでした。

その後は「ひとり」じゃなくてもできるようになったので、結局未使用のまま...



質問があったので...
個人的な感想では、折りたたみ便座は必要ないかなーと思います。
折りたたんでもそんなにコンパクトになるわけじゃないし。強度弱そうだし。
購入する時点で「長くは使わない」と解っていたけどネ、必要にかられて。


ベタベタ色々触られるのが嫌なので
(自分もつい洋服やバッグが当たったりしちゃう...)
こんなカバーがあるといいです。
もうちょっと簡易タイプでお手頃価格なら言うことないんだけど。



でもベビーグッズやこういう一過性の便利グッズって、後になったらほとんど「必要なかったかな?」って思うのかもしれないですね。

子育てスタイルに参加しています にほんブログ村幼児育児


トイレトレーニング おまる購入
トイレトレーニング 初期
トイレトレーニング 停滞期
トイレトレーニング 強化期
トイレトレーニング 完了期


お手伝い と 3歳児の包丁

大好きなパパの肩車。

近頃は高いだけでは飽き足らず
「バイバイ」と言いながら後ろに反りかえり...

パパの肩車

くるりんぱ・逆さまの世界がお気に入り。

きっとあわてるワタシ達を見るのも楽んでいる...

包丁のケガ
ムスメの指にはバンソウコウ。

包丁で切ってしまいました。

小さな傷だったからよかったけど...

玉ねぎ剥き
色んなお手伝いがしたいムスメ。

ムスメの「やりたい」と「やれる」を天秤にかけて、できるだけお手伝いをお願いするようにしてました。

まぜまぜ・こねこね・スイッチオン。

その中でも玉ねぎの皮剥きは得意作業。
玉ねぎを見つけると急いで洗面所から踏み台を抱えてきます。

セラミック包丁
もう何度もお願いしていたことだから
油断してた...

まさか切ろうとしたなんて...

ムスメが使ったセラミックの包丁は、刃が薄くてスーッと切れる。
多分痛みに気付く前に小さな切り傷をたくさん作ってしまったんだと思う。
こうして書いていてもゾクゾクしてしまう...

先月我が家にあるベビーガードやフェンスを全部取り払ってしまいました。
もう体格がよくなりガードを乗り越えられるという理由もあったけれど
ずいぶん色んな理解ができるようになってきたので「卒業」でした。

でも台所やお風呂場への行き来が自由になる時点で
ムスメにもっときちんと危険を教えなければいけなかったと反省。

怒られるかな?と感じつつも好奇心を抑えられない、だからこっそり...
大人から見るとバレバレなそんな行動もチラホラ見せるようになっていたムスメ。

ままごとでいつもお野菜切ってるもんね。
安全な状態で本物も切らせてあげればよかった。

もうすぐムスメは3歳のバースデー。
プレゼントに子供用の包丁を追加しようかと思ったんだけど...
切れない包丁は無理な力がかかり、かえって危ないらしく、
子供用とはいえ、売っているのはしっかり切れる包丁ばかりでした。





まだちょっと怖いので、しばらくステーキナイフで練習してもらおう。

IKEAキッチンの傷
卵を割るのもムスメの仕事。

必ず殻が入ってしまうので、
本当はご遠慮いただきたいお手伝い。

でも見つかると「やりたかった!」と大変。
最後は泣いて抗議されるので殻を取る作業の数倍時間を取られてしまう。



ムスメのままごとキッチンは
卵を割ろうと試みた跡で傷だらけ。
被害にあったたまごマラカスも傷だらけです。

3歳からのお手伝い子どもと一緒にお料理しましょ!3歳からのお手伝い


子育てスタイルに参加しています にほんブログ村幼児育児


おねえちゃんモード

「おちゅでだい してあげる」

自分のことはさておき、みんなのお世話をしてあげたいムスメ。


ワタシの服を選んでくれたり、靴下を履かせしてくれたり
朝の忙しい時間だって嬉しい。
ワタシの後ろを踏み台持って追っかけてきては
冷蔵庫を開けてくれたり、レンジの「スイッチオン」してくれたり
はっきり言って危ないし邪魔だけど嬉しい。

お手伝い好き

でも外ではちょっと困ったことに...
園のお友達は自分でやりたいし、やれるお年頃。
ちょっかいを出しては「ヤメテ」とはっきり拒絶されることも。
なのでお友達の弟くん&妹ちゃんが大好き。

春からの幼稚園は縦割りではないけれど、異年齢クラスの交流が自由。
年上の子に可愛がってもらいたい子は上のクラスに遊びに行き、
お世話好きタイプは2歳児クラスでおねえちゃんぶりを発揮できるらしい。

ムスメの居心地よさそうな場所があってよかった。

でもいちばん心配なのは、まだ拙い言葉でみんなに話が通じなかったり、
できないことが多くてムスメ本人が傷ついてしまうこと。


そんな話を先輩ママさんとしていたら、家で王様&お姫様で育てられてきた子供ちゃんたちが集団に入れば、多かれ少なかれ仕方ないと...
「自分は1番じゃない」「私は可愛くない」小さい子がそんなことを言い始めるなんて、聞いていて心が痛かったけれど他人を認める成長のひとつなのかな。


ムスメも乗り越えられるよね。
少し気が楽になりました。

お手伝い記念日

1年前のムスメ。多分これが初めてのお手伝い。
忘れてるよ~と言いたげに玄関に置いていたポリゴミ袋を持ってきてくれました。
「重いからいいよ」と言ってもよろよろ運ぶ姿に感動...


子育てスタイルに参加しています にほんブログ村幼児育児


ヒルトン東京ベイ*ハッピーマジックルーム

ヒルトン東京ベイのハッピーマジックルーム

ヒルトン東京ベイのハッピーマジックルームに宿泊。
お部屋そのものが絵本の世界のようでした。


泊まったのはカエルさんのお部屋。

ヒルトン東京ベイのハッピーマジックルーム

足元に蜘蛛がいる(絨毯の模様)ことに気づいて固まるムスメ。

...蜘蛛がいるなんて教えるんじゃなかった...ゴメン。
せっかくの可愛い廊下、手を繋いであげないと一歩も進めない場所になっちゃった。

ヒルトン東京ベイのハッピーマジックルーム

お部屋もとっても可愛かったです。

オリジナルの絵本のストーリーをテーマに作られています。
ウェルカムセンターでチェックインの際に、主人公のティアラちゃんからお手紙を受け取るという小技も...
少しひらがなが拾い読みできるようになり、お手紙が嬉しいムスメ。
パーク入口でミッキーさんに会うまではお手紙を離しませんでした。

ヒルトン東京ベイのハッピーマジックルーム

お部屋にもちょこちょこと仕掛けあり。
基本寝るだけのホテルだけど、楽しい雰囲気の中ですごせました。

海側のお部屋。
東京湾を挟んで摩天楼がキレイでした。
でもパーク側からはTDRの花火やミッキー電車が見えるらしい...知らなかったー

ヒルトン東京ベイのハッピーマジックルーム

毎年恒例だというホテルロビーの「ヒルトン東京ベイ・クリスマス・トレイン」。
小さな手仕事風なモノを見るのが好きなので、個人的にはコレもっとじっくり見たかったです。ちゃんと電車も走ってます。

ヒルトン東京ベイ・クリスマス・トレイン


最初ディズニーランドホテルのピーターパンルームを予約してたんですけど、
雰囲気も特典?もよくわからなくて...もったいない気がして。
2泊で大台にのる値段にオットはイイヨとは言ってくれたものの、
ワタシもイマイチ盛り上がらず(笑)結局キャンセルしてヒルトンに。
朝夕食事を付けてもお値段はちょうど半分でした。
予約はいつもの楽天サン ヒルトン東京ベイ



ディズニーリゾートクルーザー
ホテルがディズニーと近くて楽でした。


2日目(シーに行きました)は一度ホテルに戻って食事をすませてからムスメとふたりで再度イン。

結局ムスメはすぐに寝てしまったのだけど、ずっと抱っこでも大丈夫な距離でした。


子育てスタイルに参加しています にほんブログ村幼児育児





Copyright © ::: *Mutter :::. All Rights Reserved. /