↓Menu  RSS  All archives
::: *Mutter :::

念願の雪だるま&雪合戦

雪

雪が積もった日。

雪だるま

大はしゃぎで念願の雪だるまを作りました。

雪だるまと雪合戦

それからそれから
ずっとやりたかった雪合戦も。

雪合戦

ぎゅむぎゅむっとおにぎりにして
無防備なカメラマンにも容赦ないです。

雪合戦

パパに圧倒的な差をつけられながらも戦うムスメ。
顔面に冷たい塊を受けた瞬間を木陰より。

子育てスタイルに参加しています にほんブログ村幼児育児

テンポドロップ Tempo Drop

結晶を育てて観察するインテリア



外遊び、室内遊び。

枯れ葉の花束

落ち葉のブーケ。

紅葉

小春日和。
カメラを持つワタシは毛布のようなアウターをまとっていますけど。

外遊びにつきあうのがキツイ時期ですね。

てんとう虫
てんとう虫発見☆

ムスメがお花を食べさせようとしてます。
でもてんとう虫の本当のごはんは...


Xperia(TM) Z1 SOL23携帯画像


パパがケータイ(Xperia Z1 SOL23)で撮った画像。
最近のケータイカメラってすごいのね。ってもう何年も前から言ってるような...




幼稚園行事の振り替え休日。
公園で遊ぶのは寒いから、と室内で遊べるところを探して行ってきました。
ラウンドワンのキッズスポッチャ

不健全そうな(笑)イメージだったから、ちょっと心配で
一度こども達が幼稚園にいる時間にみんなで偵察にまで行って。
意外と明るくうるさい雰囲気でもなく、平日なら料金(親子で3時間1000円)も安い。

ラウンドワンキッズスポッチャ

お昼ごはんも持ち込んで、大人はゆっくり。
こども達はなぜかみんなしっとり...汗だくで遊んでいました。笑

年中さんになったぐらいから、お友達がいればこども達だけでも
遊んでくれるようになって本当に手がかからなくなりますね。
ありがたいような、寂しいような。

子育てスタイルに参加しています にほんブログ村幼児育児


続・お手紙交換の憂鬱

お手紙交換の憂鬱

年中さんになってひらがなが少しずつ書けるようになってきたムスメ。
それがとても嬉しかったらしく、以前は乗り気でなかったお友達へのお手紙を
自ら「書きたい」と言うようになりました。
過去記事早生まれちゃん*お手紙交換の憂鬱

いちばん仲良しの女の子の名前と自分の名前を書いて、
その間に、これまた練習中のハートマークをたくさん。


ん?メッセージがないけど?
「ハートいっぱい書いたから大丈夫大丈夫!完成!」
そう言ってお手紙を幼稚園バッグに入れて、元気に登園しました。

お手紙交換の憂鬱



でもお迎えに行った時に見ると、バッグの中にはまだお手紙が。


あれ?お手紙渡すの忘れたの?
「いらないって言われちゃったんだー」

へえ..そうなんだ...
「もっと可愛くしたらよかったみたい」

じゃあ今度はもっと可愛く書いてみようね。
「うん、そうする」


ムスメとそんな会話をした帰り道
車を運転しながら、なんだか涙が出てきた。
ムスメが傷ついたんじゃないかと思うと辛くなって。
こんな事、この先いくらでもあるんだろうけど。

以前、似たようなエピソードを友達から聞いたことがありました。
まだ子供がいなかったワタシ、
「そんな子にお手紙書く必要ないよ」なんて言っちゃって。
ごめんね。
そんな問題じゃなかったんだよね。

同じ母親になって初めて分かった気がします。

割れないシャボン玉

ちなみにムスメ自身も、長い文章のお手紙を貰った方が嬉しいみたい。
たくさん絵や文字が並んだお手紙は「宝物箱」に入れて何度も読んでます。
短めのお手紙には「短っ」とツッコんだりしてるのよ。

女子って難しい。

お手紙交換
ムスメもそう感じたのか...
ある夜、幼稚園バッグの中身を確認していると、お手紙が3通。
全部男の子宛でした。笑


たまたま翌日は役員の仕事で幼稚園にいたワタシ。
偶然ラブレターを手渡すシーンを目撃してしまいました。きゃー☆


「お手紙書いてきたんだー」とAくんにお手紙を渡したムスメ。
渡されたAくんが、手紙をちらっと見てなぜかBくんへ。

...どうも宛名が違っていたらしい。
二股(三股?)ばればれのムスメだったのでした。

お手紙

ムスメの書いた文字。
「ありがとう」と「みんな おそらにいかないでね」
まだワタシ以外は判読できないかな...

ムスメの書いた絵も字も、見ているとほっこりしてしまう。
親ばかアドレナリンで脳内ぱんぱん。
何枚か壁に貼って飾ったら、ムスメが自分でなんでも貼り付けるようになり
うちのリビングはムスメの個展状態になってます。

子育てスタイルに参加しています にほんブログ村幼児育児


その後のおつかい

おつかいのお手伝い

おつかいブーム、続いています。
まだまだマンションの敷地内限定ですが。

おつかいのお手伝い

それっぽく地図を書いてみたよ。


笑顔ですが「もう、ママは来ないでよ、ここで待ってて」とずっと責められてます。
そんなわけにはいきません。
尾行して最終的には、おつかい先のおウチまでご挨拶に行くんです。

おつかいのお手伝い
しょっちゅうご近所さんには付き合わせてしまってスミマセン。

先日はおつかいの様子を家の中から撮影してくださってて...
嬉しかったです。
ああっ、でもいつもホントすみません。


ムスメにとって「おつかい」という言葉にかなり魅力があるらしく
「ちょっとおつかい頼んでイイ?」という言うと飛び跳ねんばかりに喜びます。

最近はスーパーの中で「おつかい」と称して、
離れた売り場の野菜やパンを取ってきてもらってます。
さっきダメ元で洗濯物を片付けてもらう「おつかい」を頼んだら
嬉々として手伝ってくれたし。
パパに「おつかいしてるんだ」って自慢げだったし。

そう言えば「おてつだい」のお花の水やりに対しては
何度も「ママが自分でやればいいのに」と文句言われたのになー


「おつかい」って言葉、便利です。
今のところ。

おつかいのお手伝い

冷たいおやつ

先日の左利き矯正の記事へたくさんコメントありがとうございました。
左利きの方や左利きのお子様をもつ方からの意見が聞けてとてもありがたかったです。
ムスメは書くこと以外はやっぱり左が多いですが、本人の意思をなにより1番に
ある程度は自然に任せようと思います。
まだお返事ができてませんが、少しずつコメント返させて頂きますね。


子育てスタイルに参加しています にほんブログ村幼児育児


左ききの矯正

左きき矯正

ムスメが左ききかも?と気付いてからずっと気になっていた利き手の矯正。

とは言え無理に矯正するつもりはなかったので、
どちらかと言うと早いうちから左きき用のハサミやお箸を渡していました。
不器用なムスメには、正しい持ち方よりも「出来た」という達成感を感じて貰いたくて。

ただ、実際にムスメが完全に左ききになってしまうと、
このままでいいのか少し不安に。

ミシンを使うと気付く、明らかに右ききを想定して作られていることに。
エレベーターや自動販売機の前に立つと気付く、操作ボタンはみんな右側にある。

世の中全部が右きき向けに出来ている気がして。
この先ムスメが、誰も何も感じない部分で必要ないストレスを感じるのでは?と。
左利きの方が事故に遭いやすいなんて説もありますよね...

今ここでの判断がずっと先まで続くだろうと考えると、親の責任が重大に思えて
ずっとモヤモヤしたまま曖昧にしていましたが、決意。

ムスメが文字を書き始めたのを機に、文字だけでも右手が使えるようにしよう。

月光荘画材店

月光荘画材店の文房具

スケッチ用の鉛筆がやわらかい8Bでとても書きやすそう。
ヌメ革の鉛筆キャップも持ち歩きに良さそう。ホルンマークも可愛い。


文字は右で書くと上手に書けるからと説明して
左手を使っているところを見たら「右にしようね」と言うだけ。


当然だけど最初は辛そうでした。
特に塗る作業が...
「右だとすぐ疲れるよ」と何回か言われたし。


だからワタシだけが「右で」と言っても無理だったかもしれない。


ちょうど春、学研に行き始めたので、そちらの先生にもお願いし。
同じ頃に家庭訪問に来てくださった幼稚園の先生にもお願いし。
徹底できたことでムスメ本人が納得してくれたかも。

ひと月を過ぎた頃には、右手で文字が書けるようになりました。

左利き矯正
文字を書く時以外は左のままでいいと思っていたのに、文字が書けるようになったら自主的にハサミやお箸の練習を始めたムスメ。
おやつのベビーチョコをお箸で食べたり。


褒められたいお年頃ですから。

たくさん褒めて、少しずつ右手でもできることが増えたらいいなと思います。




ムスメがお友達に貰った朝顔の種。
ベランダの鉢に植えて、毎朝ムスメがお水をあげて育てています。

葉はすくすく伸びたのになかなか花が咲かなくて。


お盆の前にやっと花が咲きました。

朝顔

前の晩から「明日咲くよ」って家族でわくわく。
小さな、でもとても嬉しいできごとでした。

子育てスタイルに参加しています にほんブログ村幼児育児





Copyright © ::: *Mutter :::. All Rights Reserved. /