↓Menu  RSS  All archives
::: *Mutter :::

はじめてのおもちゃ:ボーネルンドオーボール

抱っこしている時にふと気づくと、ムスメが服をぎゅっと握っていたり。
肌着の紐を引っ張ったり、そのへんのガーゼをうっかり掴んで振り回してたり。

そんなムスメに母がよくオーボールを握らせていました。
「軽くて持たせやすい」んだそうです。


はじめてのおもちゃオーボールオーボール


ただムスメはまだ、手が「ぐー」の状態が基本。
持たされたものの自分の意思では離すことができないんじゃないかな...

でもカラフルなボールに興味はあるようで、
握っている間はけっこうおとなしく、じーっと眺めていることが多かったです。


オーボール
ほんの数日後、気が付くと
両手でボールを持てるようになっていました。

その数日後、ボールを差し出すと
手を伸ばすようになりました。


右手から左手に渡すように
代わる代わる手を握ったり開いたり...


あっという間にちゃんとおもちゃで遊べるようになってる♪
何だか嬉しい♪



閉まったままだったバウンサー付属のおもちゃを取り付けてみる。
しばらくじーっと見て、触ってみて、すぐにくるくる回して遊ぶように。
「別売りならコレ買わないよね」なんて、ずっと封印してたんです。
ごめんね。


オーボールオーボール


夢中になりすぎて、うーうーうなりながら遊ぶムスメ。
「ちゃんと本来の遊び方してるね」と変に感心しながら、
オットと並んでしばらく見てました。

よく見ると「ぐー」の手が開いていて、指を使って遊んでました。

こうやってできることが増えるのね。
おもちゃで遊ぶって、意外と大事なことなのかな。

...なんておもちゃのことで頭がいっぱいのところに
こどもちゃれんじbabyのDMが届く。
毎月月齢に合わせたおもちゃが届くんだって。
自分でひとつずつ選びたいので申し込みはしませんでしたが。
なんかタイミング良くて上手すぎる!しまじろう。

ボーネルンドオーボール
BorneLund Oball


お食い初め、自宅編。(生後100日)

先日お宮参りをした天満宮から、
記念品としてお食い初めの食器セットをいただきました。

ちょっと早めにお食い初めのお祝いは済ませていますが、
せっかくなのでちゃんと100日にも食べる真似させてみました。


ふたりでこっそり真似事をするつもりだったけど、オットが早めに帰宅。

テーブルに準備してあるのを見て「じゃ、始めますか?」とつきあってくれました。
またやるの?とかつっこまれなくてよかった。



お食い初め
テーブルの上から写真撮影。
それを見てゴキゲンなムスメ。
お食い初め
またコレかよ...
途端に不機嫌になるムスメ。



ちらし寿司ではなく切って乗っけただけの海鮮丼。
鯛の代わりにたい焼きでも♪と思いつつ、時間がなく和菓子に変更。
すまし汁、梅干、天満宮で拾った歯固め用の石を並べただけです。

梅 干:シワシワになるまで元気でいられるように。
歯固め:丈夫な歯が生えますように。


オルゴールメリーを発見

妊娠中に買った木製オルゴールメリー。

弱弱しいオルゴール音はムスメの泣き声にかき消され...
ほとんどインテリアと化していました。

ずっと無視されながら、惰性で回していたメリー。

ふとした拍子にムスメが見つけました。

手を伸ばしたりはしませんが、じっと見つめます。


コンビファブーナオルゴールメリーコンビファブーナオルゴールメリー


ある時は...

グズグズ言うムスメを抱っこ紐にセットしたところ、メリーをチラリ。

もしやと思いオルゴールを回すと(コレ少々面倒)
泣くのも忘れてじーっと目で追い始めた♪やったー♪



木のおもちゃがいいな♪と漠然と選んだコンビファブーナのオルゴールメリー
ベビージムにしておけば、つかまり立ち⇒手押し車という風に長く遊べたみたい。



コンビファブーナ木のおもちゃ
combi fabuna

ハイメス木のオモチャ
HEIMESS


貴重で短い日々

ムスメがまだ生まれたばかりの頃。

寝ぐずりがひどくて、夕方から深夜まで泣きっぱなしでした。
オットと交代でずっと抱いて、歩いて、ゆすって。
それでもなかなか泣き止んでくれませんでした。


身体中に力を入れて激しく泣くムスメ。

一瞬で体温上昇、汗噴き出してるし。
顔だけでなく全身が赤くなって、さらにどす黒い紫になっちゃうし。
痙攣を起こしたように身体が伸びきったまま固くなったり。



泣き止んで、顔色がすっと戻るといつも目の周りに赤い斑点が...内出血?...



なにしろ新米ママで初めてのこと、何度も病院に行こうと考えました。

でも熱もないし、下痢もしてないし、ミルクの量は足りてるし...
なかなか深夜に病院に連れて行けないですよね。

落ち着くまでの間ずっと怖かったです。


お互いの母親に実際見てもらって、ちょっとおかしいと言われたら
ちゃんと診てもらうつもりでした。
でも二人共に「なかなか難しい子だね」とは言われたものの、
異常だと言われることはありませんでした。

これがこの子の個性ってことでいいのかな...
こんな生活がいつまで続くのかな...

そう思っていたら、本当に突然やってきました。





ムスメが夜の9時に寝てくれた♪

一度ミルクタイムで目を覚ましたものの、
その後は朝まで♪

心配で何度も覗いたよ...






ぐっすり眠ったからか朝もゴキゲン♪
ひとりで遊んでる♪

初めてムスメの泣き声ではなく
指しゃぶりの音で目が覚めた♪


それからちゃんとムスメが9時に眠れるように、
お風呂やミルクの時間を調整すると、リズムができてきました。


温かい料理を夫婦並んで食べられる日が、こんなに早く来るなんて。

赤さんがちゃんと寝てくれるようになるって聞いてはいたけれど、
実際にそのさなかにいる時には、永遠に続くように思えたんです。

でも嬉しいけれど、何だか寂しい感じ。

帰ったらもうムスメが寝ている!お風呂に入れてあげられない!と
オットはさらに寂しそう。
何度も寝顔を覗きに行ってます。

泣き方も少しずつ変わりました。
最近はよくこちらの目を見て、訴えるように泣きます。
ぎゃーぎゃーわめくより、スンスンと甘えるように泣くことも多くなりました。





泣く前には、こんな表情をします。
泣くのを迷っているのかな?我慢してるのかな?
ただただ泣いていた新生児期には、こんな顔しなかったよな...

そう思うと可愛くて。


オトモダチ

昼夜逆転していたムスメが、少し夜に長く寝てくれるようになりました。

ずっと引きこもりだったムスメとふたり、
天気が良ければ毎日ちょっとずつでも外に出るようにしています。



 シンクロ

ひと月半違いのお友達のおうちへ。

ひと回り小さい赤ちゃん。
ムスメが巨大に見えます。


野太い声でガン泣きするムスメと違って、まだ泣き方も可愛い♪
抱かせてもらったら思わず「軽い!」

ほんのちょっと前のことなのに...
もう何だか懐かしい。



10日違いで出産した友達の家にもお邪魔させてもらいました。

以前会った時はムスメが圧倒的に大きかったのに、
いつの間にかおんなじぐらいのサイズになっていました。



 ハイテンションなムスメ 対照的なふたり

 シンクロ



並べてみたら同じポーズで指しゃぶり。
一緒に遊べるようになると、さらに可愛いだろうな。

アナタ達はフクロと呼ばれる頃から知り合ってたんだよ。
ふたりともよくここまで大きくなったよね。
まだまだ小さいけどね。

これからの成長も楽しみ。





Copyright © ::: *Mutter :::. All Rights Reserved. /