↓Menu  RSS  All archives
::: *Mutter :::

えがお。in Hawaii

とても楽しみで、その分心配も多かった旅行でしたが
無事に帰って来これたから、すべてよい思い出。

たくさんムスメの笑顔が見れてよかった。

以前はムスメを笑わそうとあの手この手で頑張っていましたが
いつの間にかムスメの笑顔でこちらもにんまりさせられるように...



パパの飛行機ブーン
パパの飛行機ぶーん。

パパの飛行機ブーン
どどどどど。

パパの飛行機ブーン
「きゃー」

パパの飛行機ブーン
「ねえねえ、もっと。」

パパ:ゼイゼイ...




ハワイ滞在中、みんなに「こんにちは。ぺこり」を教えてもらったムスメ。
頭は下げずに、ちょこんと膝を曲げて挨拶できてました。

東京のホテルでひいばあばが抜き打ちテスト中。
なぜか大ウケ。
...まるで忘れちゃったのをごまかすかのように...

ハワイ帰りパジャマ ハワイ帰りパジャマ

出発ギリギリまで荷物を準備していたワタシのせいで
同じくギリギリまで寝ちゃっていたムスメ。
着替えさせる時間が惜しくて、ちょいちょい毛玉のパジャマのまま帰国ー。

日本を発つ時は荷物を預けてから水たまりで転んだムスメに
急遽、外国人向けお土産Tシャツを購入。
侍Tシャツでハワイに旅立ちました。

買ってからテロ警戒中の空港で妙に心配に...笑
パーカーで侍の部分を隠してゲートに向かいました。


サムライTシャツ 侍Tシャツ
部屋着として愛用。

TVボードに上がってご満悦のムスメ。
昨日までなんでもなかった空間が、急に危険地帯になる日々です。

ほとんど下調べもせず出かけたので何の有意義な情報もない旅行記。
おつきあいありがとうございました。

また同じ状態で行くのなら...
次は国際線も日系航空会社を利用したいと思います。
本当に子連れに優しくしてもらえるのでありがたい。
特別優遇してほしいわけではないですが、
うるさくしないか泣かないかとビクビクしながらのフライトなので...



子育てスタイルに参加しています にほんブログ村幼児育児


ダブルレインボーとパンケーキ:ムスメとハワイ4日目

イトコが勧めてくれたHula Grillで朝食。
パンケーキがおすすめなんだとか。

目の前にワイキキビーチが広がるテラス。

ふと見ると虹が出てる。
しかもダブルレインボー。


ワイキキビーチダブルレインボー


ハワイではダブルレインボーに願い事をしたら叶うという伝説があるらしいですね。
こうして記事に書いている今、検索して知りました。
残念。

でも写真に撮れてよかったー。
パンケーキと聞いて甘いものが苦手なオットはムスメとお留守番。
すると荷物が極端に少なくなるので一眼レフを持参できていたんです。



ハワイ虹のナンバー
 ハワイはナンバープレートも虹のデザイン。
 (少し写真を加工してます。)



フラグリルパンケーキ
 マカダミアナッツとバナナのパンケーキ。
 奥がココナッツとパインのパンケーキ。

 もちろん他のメニューもあります。



 それほど甘くなくて美味しかったです。
 かなりボリューミーなのですぐ満腹に。
 ふたりでシェアしてもいいかも。


ホノルルでいないいないばあ
 夕方少し海に浸かりに行く予定でしたが
 雲行き怪しく、風も強かったので断念。


 持参したムスメお気に入り番組の
 ダイジェストDVDを見るムスメ。

 最近オフロスキーの怪しい魅力がツボみたい。
 よくうにゃうにゃとTVに話しかけています。




旅行出発前日まで悩んで、結局少しでもムスメが退屈しないようにと
ポータブルDVDを買って持って行きました。

行きは夜便だったので使いませんでしたが
日本に戻る飛行機内では見せてあげることができました。
でもプレイヤーそのものに興味津々のため
じっと画面を眺めてはくれず...きっとイヤホンも嫌だったでしょう。

DVDに助けられたのはトータルで40分ぐらいでしょうか...?寂

今後は長距離ドライブ用に車で使うつもりです。
運転席の後ろに縛りつけようかと思ってます。元取らなきゃ★

夜は夜景を見にタンタラスの丘へ。


タンタラスの丘
ブレブレ夜景...


たいした腕もないのに大きなカメラを使っていると
「撮りましょうか?」ってなかなか言って貰えないし、頼みづらかったりします。

観光ツアーの時、同じカメラを持ったラブラブカップルに写真を頼まれました。
撮り終わるとその流れでワタシ達家族も記念写真をお願いしました。
↑のような状態で3人での写真ってあまりないので嬉しい。


メモリーを確認すると3人の家族写真が7枚。
ちょっと暗かったりムスメが正面を向いていなかったり
いい写真が撮れるまで何度もシャッターを押してくれていました。
ちなみに韓国の方でした。


これって今、普通なんですか?
ワタシ的に目からウロコでした。
フィルム時代のままデジカメでも「はいチーズ」「もう1枚」でしたから...


タンタラスの丘絶叫記念写真
 夜景をバックに1枚だけ
 ムスメと記念写真を撮ってもらいました。


 後で確認するとムスメ、雄叫び顔だったんですよ。
 ワタシはバカ親なのでムスメのどんな表情だって
 愛しいですよ。でもでも。


 やっぱり常に連写モードですか?

子育てスタイルに参加しています にほんブログ村幼児育児


ねがお。in Hawaii

朝日がさす部屋、ムスメとオットの寝姿。

寝起きハワイコンドミニアム


眠くってもギリギリまで遊びたいムスメ。


ある夜のこと。

ウトウトしているオットとワタシに挟まれて
まだまだ寝たくないムスメは真っ暗やみのベッドの上でゴロゴロドタドタ。
お昼寝の時間が遅くなったり長くなった日は、夜寝るタイミングも逃しがち。
こういう時は抱っこも嫌がってさせてくれません。


なんとムスメは枕元の絵本を手に取りました。
「え?見えないでしょ?」とツッコんでも無視。
そしてパラパラ2.3ページめくった途端、絵本ごと前に倒れこみました。

...眠っていました。
本当に電池が切れたようにいきなりの熟睡。


オットがいる夜は、一緒に遊んで欲しくて眠りたくなくて
きっと余計に頑張っていたんだと思う。
寝起きハワイコンドミニアム
笑いながら目覚めるムスメ。
いつも寝起きがすこぶるイイのです♪


オ マ ケ

ある朝、生後2ヶ月のムスメとワタシ。

母娘


出勤前のオットが撮影。

写真を見た時、自分の寝顔の汚さにもガックリきたのですが
それよりまずワタシの手の長さにびっくり☆ちょっと気持ち悪いと感じたぐらい。
もちろん今見ると普通です。ムスメの手が短すぎなのよね。

ムスメばかり見てほとんど鏡も見なかった頃なので基準が変でした。
ちょっと年上の子供ちゃんを見てイチイチ
「わーキレイに歯が生えてるねー」とか言ってました。


今も余裕はないけれど、そんな頃もあったなと懐かしい思い出です。

こぐまちゃんおやすみこぐまちゃんとふうせんしろくまちゃんこぐまちゃんのみずあそびこぐまちゃんしろくまちゃんさよならさんかく

こぐまちゃんハサミこぐまちゃんとしろくまちゃんクレヨンこぐまちゃんキッズプレートこぐまちゃんしろくまちゃんさよならさんかく

子育てスタイルに参加しています にほんブログ村幼児育児


オアフ島観光ツアー:ムスメとハワイ3日目-2

車中で短いお昼寝を済ませて復活。
いつでも誰かが相手をしてくれるのでずっとゴキゲンのムスメ。


ハレイワタウンハワイ観光



と言ってもムスメの相手はほとんどパパ。
お疲れ様でございました。


子連れでハワイ

ずーっと笑顔。(カメラ目線)
最近顔をシワクチャにして笑います。
楽しかったね。

オアフ島一周リムジンツアー

人文字作っているのは新婦イトコの友人たち。
若いって微笑ましいよねー。眩しいよねー。


カメハメハ大王の前で記念写真を撮り、パールハーバーでお話を聞いて
パイナップルのソフトクリームを食べました。


この木何の木ハワイ観光



ちょっと似た集団が似たような声で笑いながら観光。
親戚ご一行さまの旅行もなかなか楽しかったです。

ムスメ連れでも気兼ねせずにゆっくりできたのもよかった。
ただ小さい子がひとりなので、ちょっと寂しい。
次は誰かお友達が欲しいなーとイトコ達にお願いしたいと思う(至急)。


オアフ島一周ツアー:ムスメとハワイ3日目-1

3日目はイトコ夫婦からのプレゼントの観光ツアー。


この木何の木
背伸びして海を眺める。



今日もいい天気。
午前中はビーチ側を中心に観光。

ムスメは美しいエメラルドにもサンセットにもイマイチ無関心でしたが
潮風が気持ちよかったらしく、つねに風に向かって歩いていました。


GAPbabyサンドレス着画
 のしのし。



 GAPbabyのワンピース。
 「ムームー買った?」と聞かれました。
 確かにそれっぽい柄。



自分の行きたい場所に、自分の足で歩きたいムスメ。
危ないので手を繋ごうとすると、ワザと転んだりしゃがんだりして
どうにか手を振り払うようになりました。

オットと本気でハーネスを探しました...



この木何の木


振り返って、よくそんなことができたなーって思うのですが、
10年前はこの海(ハナウマベイ)で泳いだんですよね。
日光にあたらないようにしなきゃいけない持病があるのに...です。

その時も中学生以来の海、初めてのシュノーケリングでした。

目の前を黄色いハコフグがピコピコ泳いでいるのを
ぼんやりと眺めていた記憶があります。
感動というか夢みたいで、今でもフワフワしたいい思い出。

この先はきっと無理なので、あの時に無茶しておいてよかったかも...?

現地の少女ロコガール
 浜辺で手作りアクセサリーを売る
 本物ロコガール。

 可愛くってたくましい。

子育てスタイルに参加しています にほんブログ村幼児育児





Copyright © ::: *Mutter :::. All Rights Reserved. /