↓Menu  RSS  All archives
::: *Mutter :::

お手伝い と 3歳児の包丁

大好きなパパの肩車。

近頃は高いだけでは飽き足らず
「バイバイ」と言いながら後ろに反りかえり...

パパの肩車

くるりんぱ・逆さまの世界がお気に入り。

きっとあわてるワタシ達を見るのも楽んでいる...

包丁のケガ
ムスメの指にはバンソウコウ。

包丁で切ってしまいました。

小さな傷だったからよかったけど...

玉ねぎ剥き
色んなお手伝いがしたいムスメ。

ムスメの「やりたい」と「やれる」を天秤にかけて、できるだけお手伝いをお願いするようにしてました。

まぜまぜ・こねこね・スイッチオン。

その中でも玉ねぎの皮剥きは得意作業。
玉ねぎを見つけると急いで洗面所から踏み台を抱えてきます。

セラミック包丁
もう何度もお願いしていたことだから
油断してた...

まさか切ろうとしたなんて...

ムスメが使ったセラミックの包丁は、刃が薄くてスーッと切れる。
多分痛みに気付く前に小さな切り傷をたくさん作ってしまったんだと思う。
こうして書いていてもゾクゾクしてしまう...

先月我が家にあるベビーガードやフェンスを全部取り払ってしまいました。
もう体格がよくなりガードを乗り越えられるという理由もあったけれど
ずいぶん色んな理解ができるようになってきたので「卒業」でした。

でも台所やお風呂場への行き来が自由になる時点で
ムスメにもっときちんと危険を教えなければいけなかったと反省。

怒られるかな?と感じつつも好奇心を抑えられない、だからこっそり...
大人から見るとバレバレなそんな行動もチラホラ見せるようになっていたムスメ。

ままごとでいつもお野菜切ってるもんね。
安全な状態で本物も切らせてあげればよかった。

もうすぐムスメは3歳のバースデー。
プレゼントに子供用の包丁を追加しようかと思ったんだけど...
切れない包丁は無理な力がかかり、かえって危ないらしく、
子供用とはいえ、売っているのはしっかり切れる包丁ばかりでした。





まだちょっと怖いので、しばらくステーキナイフで練習してもらおう。

IKEAキッチンの傷
卵を割るのもムスメの仕事。

必ず殻が入ってしまうので、
本当はご遠慮いただきたいお手伝い。

でも見つかると「やりたかった!」と大変。
最後は泣いて抗議されるので殻を取る作業の数倍時間を取られてしまう。



ムスメのままごとキッチンは
卵を割ろうと試みた跡で傷だらけ。
被害にあったたまごマラカスも傷だらけです。

3歳からのお手伝い子どもと一緒にお料理しましょ!3歳からのお手伝い


子育てスタイルに参加しています にほんブログ村幼児育児


おねえちゃんモード

「おちゅでだい してあげる」

自分のことはさておき、みんなのお世話をしてあげたいムスメ。


ワタシの服を選んでくれたり、靴下を履かせしてくれたり
朝の忙しい時間だって嬉しい。
ワタシの後ろを踏み台持って追っかけてきては
冷蔵庫を開けてくれたり、レンジの「スイッチオン」してくれたり
はっきり言って危ないし邪魔だけど嬉しい。

お手伝い好き

でも外ではちょっと困ったことに...
園のお友達は自分でやりたいし、やれるお年頃。
ちょっかいを出しては「ヤメテ」とはっきり拒絶されることも。
なのでお友達の弟くん&妹ちゃんが大好き。

春からの幼稚園は縦割りではないけれど、異年齢クラスの交流が自由。
年上の子に可愛がってもらいたい子は上のクラスに遊びに行き、
お世話好きタイプは2歳児クラスでおねえちゃんぶりを発揮できるらしい。

ムスメの居心地よさそうな場所があってよかった。

でもいちばん心配なのは、まだ拙い言葉でみんなに話が通じなかったり、
できないことが多くてムスメ本人が傷ついてしまうこと。


そんな話を先輩ママさんとしていたら、家で王様&お姫様で育てられてきた子供ちゃんたちが集団に入れば、多かれ少なかれ仕方ないと...
「自分は1番じゃない」「私は可愛くない」小さい子がそんなことを言い始めるなんて、聞いていて心が痛かったけれど他人を認める成長のひとつなのかな。


ムスメも乗り越えられるよね。
少し気が楽になりました。

お手伝い記念日

1年前のムスメ。多分これが初めてのお手伝い。
忘れてるよ~と言いたげに玄関に置いていたポリゴミ袋を持ってきてくれました。
「重いからいいよ」と言ってもよろよろ運ぶ姿に感動...


子育てスタイルに参加しています にほんブログ村幼児育児


ヒルトン東京ベイ*ハッピーマジックルーム

ヒルトン東京ベイのハッピーマジックルーム

ヒルトン東京ベイのハッピーマジックルームに宿泊。
お部屋そのものが絵本の世界のようでした。


泊まったのはカエルさんのお部屋。

ヒルトン東京ベイのハッピーマジックルーム

足元に蜘蛛がいる(絨毯の模様)ことに気づいて固まるムスメ。

...蜘蛛がいるなんて教えるんじゃなかった...ゴメン。
せっかくの可愛い廊下、手を繋いであげないと一歩も進めない場所になっちゃった。

ヒルトン東京ベイのハッピーマジックルーム

お部屋もとっても可愛かったです。

オリジナルの絵本のストーリーをテーマに作られています。
ウェルカムセンターでチェックインの際に、主人公のティアラちゃんからお手紙を受け取るという小技も...
少しひらがなが拾い読みできるようになり、お手紙が嬉しいムスメ。
パーク入口でミッキーさんに会うまではお手紙を離しませんでした。

ヒルトン東京ベイのハッピーマジックルーム

お部屋にもちょこちょこと仕掛けあり。
基本寝るだけのホテルだけど、楽しい雰囲気の中ですごせました。

海側のお部屋。
東京湾を挟んで摩天楼がキレイでした。
でもパーク側からはTDRの花火やミッキー電車が見えるらしい...知らなかったー

ヒルトン東京ベイのハッピーマジックルーム

毎年恒例だというホテルロビーの「ヒルトン東京ベイ・クリスマス・トレイン」。
小さな手仕事風なモノを見るのが好きなので、個人的にはコレもっとじっくり見たかったです。ちゃんと電車も走ってます。

ヒルトン東京ベイ・クリスマス・トレイン


最初ディズニーランドホテルのピーターパンルームを予約してたんですけど、
雰囲気も特典?もよくわからなくて...もったいない気がして。
2泊で大台にのる値段にオットはイイヨとは言ってくれたものの、
ワタシもイマイチ盛り上がらず(笑)結局キャンセルしてヒルトンに。
朝夕食事を付けてもお値段はちょうど半分でした。
予約はいつもの楽天サン ヒルトン東京ベイ



ディズニーリゾートクルーザー
ホテルがディズニーと近くて楽でした。


2日目(シーに行きました)は一度ホテルに戻って食事をすませてからムスメとふたりで再度イン。

結局ムスメはすぐに寝てしまったのだけど、ずっと抱っこでも大丈夫な距離でした。


子育てスタイルに参加しています にほんブログ村幼児育児


初めてのTDL*夜ディズニー

クリスマスムード満載だった夜のディズニーランド。

シンデレラ城


ワタシ自身が最初のTDLでいちばん感動したエレクトリカルパレード。
「世界はひーとつー♪」何度も耳にしたあの音楽にじーんとしたなー。

特に今回はクリスマスだったのでムスメとオットに見てほしかったけれど
寒さと暗がりの人混みが危険なのでそろそろ夢の国とお別れの時間。
何より病み上がりオットの体力が...

最後にキラキラのメリーゴーランドに乗りました。

おなかにぐるっとベルトを巻くので、ムスメも初のひとり乗りです。

メリーゴーランド

余裕の笑顔に見えますが、これはメリーゴーランドが動き出す前の写真。
動き出した途端、ワタシの乗った横の馬に移ろうと身を乗り出してきました。
まだ一人は無理だったか...

少し前の遠足では、ワタシと二人乗り。
その時はみんなに手を振りながら乗馬できていたのに...


怖いもの知らずだったムスメ、モノがしっかり見えるようになったら
高いのイヤ、暗いのイヤ、ひとりもイヤ、と怖いものが増えました。

クリスマスTDL

ミッキーさんの電車に乗ってホテルへ。
さよならTDL...次はいつ来れるかな...

リゾートゲートウェイステーション  ディズニーリゾートライン


子育てスタイルに参加しています にほんブログ村幼児育児


初めてのTDL*ミッキーさんとハグ

オットリフレッシュ休暇旅行3日目。

ムスメ初めてのディズニーランドへ。
ちなみにオットもディズニーデビュー。

TDL

11月のTDLです...

ワタシもオットもディズニーは全然詳しくないし、家にもグッズは皆無。
だけどいつの間にかムスメが園でミッキーマウスを覚えてきました。

朝の情報番組でディズニーの特集を流し見ていると、
ムスメがボールを2個頭にくっつけて踊りはじめて...

「今の、え?ミッキーの真似?」「まさか、そんなはずないやろ」とオットと驚愕。
まだまだ単語の少ない時期だったのに、キャラクターの力ってすごいなって。
「うさぎ」と教えていたミッフィーやピカチュウも、ちゃんと覚えてきたんですよね。


そして○が三つ並んでいたら「ミッキーさんが いた」と喜ぶようになりました。

ミッキーさん
 おもちゃの指輪とか、
 赤ちゃん時代の歯固めとか。


いつかは...と思っていたけれど、時期的にもちょうどいいかもしれない。
オットの長期休暇旅行の行き先はまず東京ディズニーランドに決めました。
あまり乗り気でなかったオットも「ムスメが喜ぶなら」と...

東京ディズニーランド

「ミッキーさん♪ ミニーちゃん♪」とはしゃぐムスメ。
主役のふたり以外ドナルドぐらいしか知らない家族3人で、夢の国へ。

ミッキーさん
入国後、すぐにミッキーさん発見。
ムスメ、いきなりフルスロットル。

でも順番で写真撮影中。
もう受付は締め切っていて、遠くからみんなとハグするミッキーを見るだけ...


「ミッキーさんと 抱っこしたかった...」
しくしく泣き出してしまったムスメ。


キャラメルポップコーン
ポップコーンでゴキゲンを直してもらって。


ディズニーパレード


パレードで遠くのミッキーさん達を見てから。

ミッキーマウスの家
並びました。
ミッキーの家とミート・ミッキー


念願のミッキーさんとハグ♪
ブレブレ...

入口で90分待ちとなっていたし、多分それぐらいは並んだかと...
でも行列の前後がファミリーだったので、
ムスメは勝手に一緒に遊んでいる気になっていたみたい。
グズったりすることもなく待ち時間を過ごせました。


関係ないけど、並ばないコトで有名な某国の人達はホントに並ばないのね。
ミッキーマウスと写真?って年齢の団体がどんどん追い抜いて進んでいたし。
もうすぐミッキーに会えるねって距離まで来て、すぐ後ろがもめていたので振り返ると
あれ?さっきまでのファミリーじゃない人達が!
優しい夢の国側の人に何度も諭されていたけれど、絶対ひかなかったよ。


子育てスタイルに参加しています にほんブログ村幼児育児





Copyright © ::: *Mutter :::. All Rights Reserved. /