↓Menu  RSS  All archives
::: *Mutter :::

通園バッグ*KP+マメールマディ

幼稚園徒歩通園

車で5分。
裏道を歩くと15分。
ムスメが一緒だと30分。

幼稚園までの道のりをてくてく。

ぽぽちゃんと
「ぽぽちゃんと一緒に行くの」

徒歩通園
きれいなお花に心奪われ中。

直線道路を蛇行で進むムスメ。

自転車購入、ホントに悩んでます。
もう何年も自転車そのものに乗ってないので、ムスメを乗せるのはかなり不安...
だけど自転車がないとちょっと辛いです。



マメールマディ ショルダーバッグ ブルーミングフラワーMa mere m'a dit 通園バッグ
通園バッグは自由なので、レインコートと長靴に合わせてマメールマディのブルーミングフラワーで揃えました。
軽くて扱いやすそうな素材です。



その後、とてもキレイな状態の通園バッグをおさがりでいただきました。

ムスメも断然ウサギちゃん(みみちゃん?)が気に入っているので
マメールマディのバッグに比べると多少重さはあるのですが、こちらを使っています。

KP通園バッグ

写真を撮っていたら滑りこんできたムスメ。
いつの間にか裏ピースが直っています。


ムスメはバッグを斜めにかけるのが苦手らしく、いつも首にかけます。


通園バッグ
なのでショルダーバッグの持ち手を短めに調整しているのですが、そうすると2重になる部分(?)が長くなってしまい、間違って輪の部分(←のトコロ)に首を入れてしまう...と幼稚園から注意されました。
画像お借りしています。

最初はマスキングテープで何箇所か留めていましたが、すぐに剥げてしまい汚くなりそうだったので、生地を買ってきて持ち手に巻いてまつり縫いしました。

おかげで合皮の一瞬肌に張り付くような感覚がなくなり、柔らかい手触りに。
ムスメの「うなじ」への負担も減りそうです。

子育てスタイルに参加しています にほんブログ村幼児育児


幼稚園入園から1週間

入園式から1週間。
ムスメは楽しく通ってます。

入園式入園式

教室から入園式会場のホールまで電車ごっこで進みました。カワイイ。

入園式の写真を見ていたらムスメが横から「あ、○○ちゃんだよ」と。
お友達だと言う女の子のフルネームが出てきました。
とっても大人しそうな女の子なので、ムスメの一方的な片思いの可能性も大いにあるのだけれど、ちょっと嬉しい。

入園から1週間が経ち、少し保育時間が伸びて給食も始まりました。

園のポスターに載っている食事中の園児を見たムスメが
「これは"感謝していただきます"だよ」と教えてくれました。
手を組んでお祈りをしてから食事をしているようです。

我が家は今「キラキラキラ~♪」と振り付きで食事の挨拶をしていますが
外食事にもちょっと小振りになるけど、キラキラやってます...

もしかしたら今後はお祈りに変わっていくのかもしれません...
イヤ、確実に変わりますね。
ウチの基準はムスメですもん。


幼稚園に送る時も、お迎えに行く時も笑顔のムスメ。
でも一度、ひとりで泣いていたみたい。
本人に聞いてみると「うん、泣いちゃった ひとりだったから」ってサラリと。
なんだかぎゅーってしたくなりました。


ちょっとしたムスメの変化が楽しく、頼もしいです。

花

入園式前日にオットの実家よりお祝いのお花が届きました。
春らしくって可愛い花束を手にしたムスメ。
「お花のいいにおい~♪」

花

お花と言えば...
入園式にはツイードのスーツを着たのですが、コサージュをつけませんでした。
のびのび園だし、面接や説明会でもみなさん普通の恰好だったし。

...でも入園式でのママさん達はみんな華やか。
コサージュもほとんどの方がつけていたような...焦
桜づくしのお着物姿の方がとても素敵でした。

入園式スーツ

こえださんが作ったコサージュを見て生花のコサージュいいなって思ったんだけど
相変わらずノロノロしていて動くのが遅かったかも。


プリザーブドフラワーのコサージュも素敵。



見ていると楽しくなってくる...♪
やっぱり自分で作れるようになりたいな。

ひとつ習いたいモノづくりがあって。
ムスメの幼稚園が落ち着いてきたら、何か始めたいなって思っているのです。
いつも少しかじる程度になるんだけど...
お花もいいな♪


子育てスタイルに参加しています にほんブログ村幼児育児


幼稚園入園式

無事に幼稚園の入園式を終え、まだ1日ですが幼稚園生活が始まりました。

幼稚園入園式

入園説明会の日、お友達に圧倒されていたムスメを「そんな面もあるのね」程度に
見ていたのですが、ムスメには大きな出来事だったらしく...

あれ以降、幼稚園にたいして楽しいイメージが持てなくなっていたようです。



幼稚園の話をしてもすーっと逃げられたり、話をそらされることがよくあったし。
制服の試着も「○○してからね」「もう服着てるもん」と逃げられっぱなし。

「いやだもーん」とフザケているわけではなく、ホントに気が進まないという雰囲気。

それとなく聞いてみると「幼稚園はいやだ 恥ずかしいから」って。
はっきりイヤって言われた。むむ。



入園式当日はオットも一緒。
制服はオットがベタ褒めしたら、ゴキゲンになってすんなり着てくれました。


やっぱり幼稚園では私達から離れたがらず。
何度も振り返っては、私達のいる場所を確認して笑顔を見せていたムスメ。
顔は満面の笑みなんだけど、それが不安を隠しているんだろうなと余計に...
結局入園式の間に2回も私達の方に脱走してきちゃいました...


家に帰って翌日の準備をしている時もイマイチ乗り気でなく...
まさかの登園拒否?とやきもきしながら一夜を過ごしましたが
初日の朝、騙し騙し幼稚園の前まで行くと聞こえてきた子供の声にイイ反応。
園庭で遊ぶお友達を見てそわそわ、あっという間に「いってきまーす」。


...心配してたわりに、けっこう簡単に...笑。

2時間後にお迎えに行くとクラスの前に皆んなと並んで待ってました。
笑ってる。手振ってる。よかった。


近寄るとムスメがこそっと耳元で「あのねママ、おトイレに行きたいの」。
「モレちゃうー」とふたりでトイレに走りました。
多分先生にも連れて行ってもらってるはずだけど。


まだ初日だもんね。
緊張しちゃうよね。
ワタシも非常に気疲れしました。
それはまだまだ続くと思うけど...

ふたりで少しずつ幼稚園生活に慣れていきたいです。

ファミリアの帽子ぷっくりリボンゴム


入園式に不安を感じながら、前日にちくちく作ったリボンゴム。

ぷっくりしなかったり、間伸びしたりして、何度かちょこちょこやり直しました。
こんなリボンを簡単そうに(今までそう見えてた...)量産されてる方がいるけど、
きっと頭の中にちゃんとパターンができてるんですね。



後ろに写っているのはファミリアの紺の帽子。

ムスメの幼稚園は制帽がないので「憧れるー」なんて話してたら
それっぽいおさがりがたくさんあるので、とママ友さんから譲っていただきました。
ムスメも可愛いと何度も被ってポーズをとっていたから
「幼稚園にって行く時にどうぞだって」と言うと「....」無言に。


コムサフォーマルシューズ


ぽぽちゃんとムスメのフォーマル靴。

幼稚園の制服仕様のぽぽちゃんの靴を見て「この靴かっこいいね」と言ったムスメ。
ムスメにとって黒=カッコイイになっているみたいです。
せっかくなのでこの機会に買ったカッコイイ黒い靴です。笑

そうそう、ムスメはパント!のお姉さんを「カッコイイおねえさん」と呼び、
すでに大ファンです。黒い服だから?



桜の花びら。

入園式はとても晴れて暖かな日だったのですが、前日は雨。
桜の花びらが雪のように真っ白に光っていました。




バタバタしていて久しぶりの更新になってしまいました。
コメントへのお返事も遅くなってしまっててすみません。
少しずつお返事書いていきますね。

子育てスタイルに参加しています にほんブログ村幼児育児


ひな祭り

いまさらですが...
ムスメ3歳のひな祭り。

雛人形とひな祭り

七五三の時の着物を着せました。

あれから「着物」が洋服と違うと理解したようで
TVを見ていても「お着物着てるね~」と反応するようになりました。
あ、でもお内裏様は「これは着物じゃない」と認めません。


なので着物着てもらうのも楽でした。
襦袢も足袋も省略したから、ホント1分で完了。
着る方も着せる方も一度経験するって大事ね。

雛人形とぽぽちゃん
「ぽぽちゃんと一緒に撮る」とCHU☆

ぞんざいに扱われた時期もあったけど、
やっと洋服も着せてもらえるようになり
可愛がってもらってマス。

最近はぽぽちゃんに制服着せて、春からの幼稚園生活を一緒に盛り上げ?中。

スタジオMプティルパ
特別じゃないけど、ひな祭りごはん。



誕生日プレゼントだったスタジオMの
子供食器プティルパ
をおろしました。

相変わらず一人称ボクのムスメ。
春からは幼稚園の制服でスカート履くのかーとなんとなく違和感...笑。

でも最近会話の語尾に「できたわ」「行くわね」「するのよ」と
女子っぽいというか、可笑しなバリエーションが増えました。
どこで覚えるんだろ?

プティルパ雛まつりご飯

どんな幼稚園生になるかな?楽しみ。

両手マグ。
高台があるようなお椀だとまだ不安なムスメ。
これだと安定感があって使いやすいです。



子育てスタイルに参加しています にほんブログ村幼児育児


HOME



Copyright © ::: *Mutter :::. All Rights Reserved. /