↓Menu  RSS  All archives  Instagram

初めてのTDS*Cheeeeese

ディズニーシーアラビアンコースト

アラビアンコーストへ移動。
ここではキャラバンカルーセルマジックランプシアターのアトラクションへ。
ムスメはどちらも苦手っぽかったです。残念。

船や電車に乗ってるのがいちばん楽しそうだったかも。

ホセ・キャリオカとパンチート

ムスメと一緒に踊ってくれたキャラさん。
「ピンクとミドリの とりさんと おどったねー」
名前が全然わからなかったけど調べたら「ホセ・キャリオカ」「パンチート」でした。



キャラと握手

シーはディズニーランドより人が少なくてゆったりしているような気がしました。

ミッキーさんはさすがに制限があったので近づけなかったけれど、人だかりがキモチ少なめだったら、ムスメでもひとりでトコトコ近づいて握手してもらってました。

TDSベビーカー
「じぶんで る(する)!」

お世話になったベビーカーを返却。
こっそりパパが軌道修正。

ホテルでも移動中もディズニー内に入ってからも
ずっとみんながにっこり優しくしてくれるのが楽しかったみたい。


「ありがとう、バイバイ、ターッチ」とフレンドリーなムスメの挨拶。

キャストの方達もできるだけ応えてくれようとするので、
様子を見ながらどんどん相手との距離を縮めようとしていました。

地元に戻ってすぐの頃、スーパーや病院でも同じように挨拶をしていたムスメ。
反応が薄いのを感じてやめてしまいました。少し寂しい。


ホテルに戻ってごはんを食べてから、ムスメとふたりでまた来ました。
キラキラの夜のディズニーシー。

夜のディズニーシー

夜のディズニーシー
「ママ、写真撮るから待ってくれる?」
「いいよー」

地球の写真を撮ろうとしたら、
足元でムスメがポーズをとっていました。

ワタシの専属モデルさん、常に撮られることを意識するようになりました。

パパは最後まで調子がイマイチだったのでホテルでお留守番。
旅行中もやっぱりゴホゴホむせていました。
でもそのたびにムスメが「パパ だいじょうぶ?」と背中をばんばん叩いてさすって...

普段と違う旅先で思うように動けず、どうしてもイラっとしてしまうことも多いのに
ムスメがいてくれると和む。
3人旅はいいなって思いました。



鬼太郎
オマケ。

帰りの空港で。


鬼太郎さん達、「小さい子ひとりです。かがんでください」と耳打ちされていました。ちょっと膝を曲げるだけでも手を支えられてました。
ディズニーのクオリティの高さを感じました。



子育てスタイルに参加しています にほんブログ村幼児育児


Message Please






» PAGE-TOP↑




Copyright © ::: *Mutter :::子どものいる暮らし. All Rights Reserved. /