↓Menu  RSS  All archives  Instagram

続・お手紙交換の憂鬱

お手紙交換の憂鬱

年中さんになってひらがなが少しずつ書けるようになってきたムスメ。
それがとても嬉しかったらしく、以前は乗り気でなかったお友達へのお手紙を
自ら「書きたい」と言うようになりました。
過去記事早生まれちゃん*お手紙交換の憂鬱

いちばん仲良しの女の子の名前と自分の名前を書いて、
その間に、これまた練習中のハートマークをたくさん。


ん?メッセージがないけど?
「ハートいっぱい書いたから大丈夫大丈夫!完成!」
そう言ってお手紙を幼稚園バッグに入れて、元気に登園しました。

お手紙交換の憂鬱



でもお迎えに行った時に見ると、バッグの中にはまだお手紙が。


あれ?お手紙渡すの忘れたの?
「いらないって言われちゃったんだー」

へえ..そうなんだ...
「もっと可愛くしたらよかったみたい」

じゃあ今度はもっと可愛く書いてみようね。
「うん、そうする」


ムスメとそんな会話をした帰り道
車を運転しながら、なんだか涙が出てきた。
ムスメが傷ついたんじゃないかと思うと辛くなって。
こんな事、この先いくらでもあるんだろうけど。

以前、似たようなエピソードを友達から聞いたことがありました。
まだ子供がいなかったワタシ、
「そんな子にお手紙書く必要ないよ」なんて言っちゃって。
ごめんね。
そんな問題じゃなかったんだよね。

同じ母親になって初めて分かった気がします。

割れないシャボン玉

ちなみにムスメ自身も、長い文章のお手紙を貰った方が嬉しいみたい。
たくさん絵や文字が並んだお手紙は「宝物箱」に入れて何度も読んでます。
短めのお手紙には「短っ」とツッコんだりしてるのよ。

女子って難しい。

お手紙交換
ムスメもそう感じたのか...
ある夜、幼稚園バッグの中身を確認していると、お手紙が3通。
全部男の子宛でした。笑


たまたま翌日は役員の仕事で幼稚園にいたワタシ。
偶然ラブレターを手渡すシーンを目撃してしまいました。きゃー☆


「お手紙書いてきたんだー」とAくんにお手紙を渡したムスメ。
渡されたAくんが、手紙をちらっと見てなぜかBくんへ。

...どうも宛名が違っていたらしい。
二股(三股?)ばればれのムスメだったのでした。

お手紙

ムスメの書いた文字。
「ありがとう」と「みんな おそらにいかないでね」
まだワタシ以外は判読できないかな...

ムスメの書いた絵も字も、見ているとほっこりしてしまう。
親ばかアドレナリンで脳内ぱんぱん。
何枚か壁に貼って飾ったら、ムスメが自分でなんでも貼り付けるようになり
うちのリビングはムスメの個展状態になってます。

子育てスタイルに参加しています にほんブログ村幼児育児





Copyright © ::: *Mutter :::子どものいる暮らし. All Rights Reserved. /